Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

「提案」のスキル

「提案」のスキル

「提案」のスキル

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーチングにおける提案は、相手に新しい視点を提供し、ゴールに向けて飛躍的に行動することをサポートするためのものです。

「行動の選択権は受け手にある」ことが、「指示・命令」との最大の違いです。

(1)Yes/Noの選択権は受け手にある

「やるか、やらないか」の判断を相手に委ねることで、その自発性や自己責任意識を高め、モチベーションを高めます。

(2)許可を取ってから提案する

「提案してもいいですか?」と、クライアントに許可を得ることで、命令やお節介とは異なるものにします。

(3)提案は1回に1つ

人は、一度に複数のことを意識できないものです。ステップを作ることで成長を確実に促進させます。

(4)提案の内容を明確にしてから提案する

提案する内容は、相手が行動しやすいように具体的に伝えることが大切です。

(5)正論ではなくストーリーを伝える

「こうすれば上手くいく」という正論のアプローチは、人によっては素直に受け入れられない場合があります。提案が上手くいった事例を、ストーリーで具体的に伝えることがポイントです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です