Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・エバリュエーションプランは、コーチングの地図である

コーチの視点・エバリュエーションプランは、コーチングの地図である

コーチの視点・エバリュエーションプランは、コーチングの地図である

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールの設定ができれば、エバリュエーションプランを作成します。

ゴールへの手順、必要な知識とツール、途中の目標やそのための行動などを決めるのです。

コーチングでは、それらの項目を1つ1つ身につけたのか、確認しながら進んでいきます。

これを曖昧にすると、進捗の確認や軌道修正ができず、セッションが行き先の分からない会話の積み重ねになりかねません。

コーチ「ゴールを達成したら、Nさんは何を手に入れるのでしょうか?」

Nさん「社長としての自信です。私の行動次第でアイデアが出て、新しい取り組みが始まるのですから」

コーチ「社長としての自信ですね。あと、それ以外に何かありますでしょうか?」

Nさん「リーダーシップ力です。ゴールへ向かう努力をしていくうちに、リーダーシップ力が就いてくると思います」

コーチ「素晴らしいですね。せっかくですからもう少し教えて下さい。他に何を手に入れることができますか?」

Nさん「社員たちとの心理的距離が縮まり、仕事が楽しくなるかもしれません」

コーチ「あとは?」

Nさん「会社の業績が上向きになる土台を作れると思います」

コーチ「ここまでお話をされてみて、どんなお気持ちですか?」

Nさん「なんとしてもゴールを達成したくなりました」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です