Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・コーチングのゴールは「ハードルは高いが、実現可能なレベル」が望ましい

コーチの視点・コーチングのゴールは「ハードルは高いが、実現可能なレベル」が望ましい

コーチの視点・コーチングのゴールは「ハードルは高いが、実現可能なレベル」が望ましい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールを設定する時、いくつかのポイントを意識します。

他に以下のポイントがあります。

  • ゴール候補は、複数のアイデアから比較した上で決める
  • 「しなければいけない」のような外部基準ではなく、「したい」というクライアントの内部基準で設定する
  • ゴール達成を測る客観的な基準を設定する

更にコーチとNさんは、これからのコーチングセッションの全体像について、確認作業をしていきます。

  • 期間は半年間
  • ゴールは、ビジョンに基づいた新しい取り組みが、社内で行われている状態
  • その達成基準は、幹部会の議題に3つ上がること
  • 最初の1ヶ月では、社員が認めるビジョンを描くこと
  • 次の2ヶ月間では、ビジョンを実践する中長期計画を作成すること
  • そして次の2ヶ月間でビジョンを社内に浸透させ、社員たちからアイデアが出る状態を作ること
  • 最後の1ヶ月で、幹部会議の議題になる取り組みが提案されていること
  • コーチングの節目に、アンケート等で社員たちの声を聞くこと
  • これらのプロセス全てに問われるのは、Nさんのリーダーシップであること
  • リーダーシップ強化の会話が、セッションでされること

コーチングの全体像が明確になってきました。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です