Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・スライドアウトで相手が考えていなかったポイントを探る

コーチの視点・スライドアウトで相手が考えていなかったポイントを探る

コーチの視点・スライドアウトで相手が考えていなかったポイントを探る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではNさんの発言をすぐ深掘りするのではなく、「他に何かありますか?」と、質問をスライドアウトしました。

即答できる話は、クライアントが普段から考えている可能性があり、それまでの思考の繰り返しで終わってしまう可能性があります。

それでは、現状を打破する発想は生まれにくいです。

特にこの場合、Nさんの行動という切り口がないので、「Nさん自身ができること」という切り口を明示してスライドアウトし、Nさんが深く考えたことのない、コーチングの中心となる話題を引き出そうとしています。

Nさん「私は今でも、大きな営業案件には全て関わっていますし、部下を叱るべき場面では叱っています」

コーチ「さすがですね。では、今までにお話しになった課題を解決するような、Nさんならではのアイデアはありますでしょうか?」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です