Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・セッションの最後で力強い質問を投げ、思考や行動を継続させる

コーチの視点・セッションの最後で力強い質問を投げ、思考や行動を継続させる

コーチの視点・セッションの最後で力強い質問を投げ、思考や行動を継続させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでコーチは、相手の信条に触れる力強い質問をしました。

コーチングに「信じる」という表現はあまりそぐわないのですが、社長のNさんが会社の可能性を信じなくては、社員を引きつけるビジョンは描けないという前提で、コーチは「信じる」という表現を使いました。

また、セッションの最後にこうした質問をすることで、次回までNさんは考え続けるだろうという狙いもあります。

これはコーチングの3原則でいえば「継続性」です。

セッション中に行われることだけがコーチングではなく、セッションとセッションの間の思考や行動も含めてコーチングは「継続」しているのです。

ビジョンの設定

宿題をもらったNさんは、次のコーチングセッションまでにビジョンを考え、幹部社員たちの意見を集めてきました。

Nさん「私はこのビジネスで、ナンバーワンの会社を作り上げたいと思っています。実は創業者も、そういう思いを持っていました。できれば20年のうちに実現させたいです」

コーチ「ナンバーワンですか。それは何のナンバーワンですか?」

Nさん「もちろん売上ナンバーワンです」

コーチ「そのことについて、幹部社員の皆さんはどのような意見を出されたのでしょうか?」

Nさん「彼らの反応はよかったですよ」

コーチ「反応はよかったのですね。彼らから、何か提案はありましたか?」

ところが、特に幹部社員から提案はなかったそうです。

そこでコーチはNさんに次のことを伝えました。

  • 売上ナンバーワンというビジョンは分かりやすい
  • しかしそのビジョンには会社の特徴が反映されていない
  • ビジョンへの道筋をイメージするには抽象度が高い

Nさん「なるほど。もっと会社の特徴を意識した方がよいわけですね」

コーチ「Nさんが同意して下さるのなら、ビジョンを見直してみませんか?」

Nさん「そうですね。考え直してみます」

コーチ「ありがとうございます。もしよろしければ、御社の歴史を教えて下さい」

そこでNさんは会社の歴史を説明しました。

この会社は、インターネットの今後の普及を考えて、パソコンを一般の人たちにも使いやすいものにしようと、1990年代初頭に設立されたこと。

現在に至るまで、マウスから無線接続機器まで、一般消費者に使いやすいものを製品化して販路を拡大し、社会に貢献してきたこと、その後法人顧客も開拓して、安定した取引をしていること。

コーチ「その歴史を踏まえて、次回までにビジョンを直していただけますか?」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です