Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・ハードルを越えた時は承認のチャンスである

コーチの視点・ハードルを越えた時は承認のチャンスである

コーチの視点・ハードルを越えた時は承認のチャンスである

このエントリーをはてなブックマークに追加

難しいハードルを乗り越えた時が、成長を実感するタイミングです。

ここで承認して、やる気を引き出せば、今後も難しいハードルに挑戦する意欲を持ち続けることでしょう。

そこでコーチは、自分の見せ方が上手くなったこと、自己修正能力が高いことをすぐに承認しています。

それからコーチは、自己修正能力が高いNさんが自分の見せ方に失敗してきたのは、自分を客観的に見ていなかったからで、今後は「自分を客観視すること」を習慣にする必要があると伝えました。

Nさんが納得する様子を見て、コーチはNさんに提案をしました。

コーチ「オフィスの机に鏡を置いて、自分がどのような表情をしているかを、頻繁に確認してもらえますか?」

Nさん「そこまでやるのですか……分かりました」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です