Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・描いた行動を実践させるための工夫

コーチの視点・描いた行動を実践させるための工夫

コーチの視点・描いた行動を実践させるための工夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでコーチは、行動をできるだけシンプルに集約すべく、Aさんの宣言した行動を一言で言い換えさせました。

これによって常に念頭に置いてもらいやすくしたのです。

また、儀式のようにセッション中のクライアントとの関わりだけでなく、ビジネス現場での意識付けの構造をデザインすることもコーチの役割です。

コーチ「さて、半年後に60点を取るための行動ですが、創造的な新車開発に向けた創造的コミュニケーションを取っていくということですね。では、最初にどこで誰とどんな風に取ってみたいですか?」

Aさん「明日、技術者トレーニングプログラムの準備ミーティングを行うのですが、その時にプログラムについての自分の想いを皆に話してみようと思います。「自分としてはこうしたい」と言ってみるつもりです。そして、それに対する皆の意見を聞いてみようと思います。ただ受け身で聞くのではなく、部門を預かる管理者として積極的に意見を言って、反応を聞きたいと思っています」

コーチ「いいですね。明日、どんな反応だったか、やってみてどうだったかを私までお電話下さい」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です