Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・自分の選択的知覚はどこに向けられているかの意識する

コーチの視点・自分の選択的知覚はどこに向けられているかの意識する

コーチの視点・自分の選択的知覚はどこに向けられているかの意識する

このエントリーをはてなブックマークに追加

スピーチで陥りやすい失敗は、反応の薄い聴衆から良い反応を得ようと力が入って説得モードになることです。

そうなると相手への威圧感が増し、場の雰囲気も重くなり、聴衆は話に興味を失います。

むしろ話を聞いている人に向けて話すと、相手の好意的な反応から力みも減り、共感を呼ぶ話し方になりやすいのです。

Nさんの、社員はビジョンを受け入れてくれるのかという不安が、話の関心のない社員ばかり意識させ、聴衆全体の反応まで良くないと思わせていたのです。

それからコーチは、映像を見ながらNさんの姿勢や声の調子をフィードバックしていきます。

それでもNさんは上手くやれる自信がありません。

正直にそのことをコーチに伝えました。コーチ「上手く話しているNさんを、まるで客席から見ているようにイメージしてから、本番を向かえていただけますか?」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です