Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチの視点・自己効力感が上がっている時に、次の課題を明確化する

コーチの視点・自己効力感が上がっている時に、次の課題を明確化する

コーチの視点・自己効力感が上がっている時に、次の課題を明確化する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nさんは自分の行動やリーダーシップが、成果を引き出す要因になっていると自信を深めています。

つまり自己効力感が上がっている状態です。

このタイミングでエバリュエーションプランに基づいて次の課題を明確にすれば、「自分ならできる」という自信とやる気に満ちているので、積極的に取り組んでもらえます。

Nさん「これから中長期経営計画の委員会を設立します。その際、3ヶ年計画をたたき台にして、ビジョンの実現にかかります」

コーチ「面白そうですね。ちなみにNさんは、このビジョンで会社にどんないいことがあると思いますか?」

Nさんの答えは、次の通りです。

  • 目指すべき方向が明確になったので、社員は会社で働く意味を見出しやすい
  • 会社が成長するイメージを社員が共有するので、実現に向けての自分の役割を考えるようになる
  • ノルマでは自分の利益を優先するが、ビジョンでは会社の発展までを視野に入れて考える

Nさん「最近思うのですが、ノルマで頑張れと言うのと、ビジョンを背景に頑張れと言うのでは、社員の反応が全然違います」

コーチ「どう違うのでしょうか?」

Nさん「ノルマはやらされ感がありますが、ビジョンは共感や理解が彼らの言葉や話し方からも感じ取れます」

コーチ「ノンバーバルメッセージに表れるのですね。それにしても、最近は社員目線の言葉が多いです」


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です