Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチングが組織の課題を解決する

コーチングが組織の課題を解決する

コーチングが組織の課題を解決する

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではコーチとクライアントという1対1ではなく、組織に対してコーチングがどのように機能するかを、3つのケースを用いて説明します。

現在、コーチングはビジネスパーソン、特に管理職の必須スキルとして多くの企業で導入されています。

また、コミュニケーションスキルとしての活用だけでなく、企業・組織が抱える様々な課題に対する取り組みの中に導入されています。

組織の課題のコーチングが有効なのは、これらの要因が、社員同士の関係やコミュニケーションに起因する場合が多いからです。

経営陣がどのようにメッセージを発信するのか、現場のコミュニケーション量はどの程度あるのか、部署間の関係はどんなものなのか、これらを変えていくコーチングによるアプローチの積み重ねが、課題の解決に繋がるのです。

コーチングが利用される課題例
企業理念の浸透経営者のリーダーシップの育成次期経営者の育成管理職の部下育成能力向上若手層の自立性向上 ダイバーシティの推進人税育成のグローバル展開営業業績の向上研究開発スピードの向上


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です