Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチングの3原則とは

コーチングの3原則とは

コーチングの3原則とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロのコーチが備えるべき「心」

テクニックだけのコーチングでは、クライアントの目標達成支援において十分とはいえません。

スポーツや武道の世界で、選手や達人が兼ね備えるべきものとして、よく「心技体」と表現されます。

コーチングにおいても、コーチングテクニックの「技」、クライアントの対話を繰り広げる「体」は必要ですが、それ以上にコーチが備えるべき「心」、マインドが重要です。

双方向、継続性、個別対応という3つのマインド

コーチングの3原則とは、コーチが常に意識している「クライアントとの関わり方」における、双方向、継続性、個別対応というマインドです。

とあるメーカーで営業マネージャーを務めるD氏は、チーム内のコミュニケーションに悩んでいました。

部下からの声は「頭ごなしに怒られる」「意見を否定されてばかり」などが多く、確かにその通りでした。

なぜD氏がそのような関わり方をしているかというと、「周囲からの信頼も篤く、自分も尊敬しているE部長の真似をしている」からでした。

実際、E部長は厳しい指導をしていましたが、指摘後に必ずフォローを入れる、時には飲みに連れていってくれて部下の話をじっくり聞くなど、あくまで部下の成長を思っての指導でした。D氏はそのような意図には全く気付かず、表面的なテクニックのみを真似していたのです。

D氏のようなケースは意外と多いのかもしれません。

コーチング研修は多くの企業で導入されていますが、学んだスキルだけを部下に使っても効果が出ず、「コーチングは使えない」と見切ってしまう人も残念ながらいます。

ここで解説する3原則は、どんなクライアントに対しても、コーチが普遍的に満たすべきスタンスといえます。

テクニックなしではコーチングは成立しませんが、3原則はコーチがテクニック以上に優先し、常に立ち返るべき原点なのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です