Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチングは単なる「技術」ではない

コーチングは単なる「技術」ではない

コーチングは単なる「技術」ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

偶然ではなく、クライアントの目標達成のために支援を意図的に使いこなすことができたらとても便利です。

コーチはクライアントを具体的に支援するために、その「方法」を知っておく必要があります。

その方法が体系化されたものが、コーチングの「技術」です。「技術」だけでコーチとしての支援が成り立つのか? このように思われた方もいるでしょう。

その感覚はとても大切なことです。実際、体系化された「技術」を駆使するだけでは、目標達成のための支援はできません。

コーチによって「腕が違う」のは、決して技術だけの問題ではないのです。

「技術」は、それを使う人の「意図」や「目的」、そして「目の付け所」によって大きく変わってきます。

「技術」はコーチングを実践する上での方法を説明しますが、そうした方法はある「意図」や「目的」に向けて使われる必要があるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です