Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

現状把握のフェーズ

現状把握のフェーズ

現状把握のフェーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

具体的な目標を設定するために、コーチングスキルの現状を把握します。

その際、360度もしくは180度アセスメントの形式で実施し、参加者の感覚と周囲の感覚の「ギャップ」を明確にします。

「成長実感」高めるためにも、ギャップの明確化は重要です。

離職率が高い営業所の課題として、「営業所長が若手社員と接する機会が少ない」というものがありましたが、アセスメントの結果でも「もっと悩みを聞いて欲しい」「いつも席にいないので相談できない」「飲みに連れてって下さい」という声が目立ちました。

レポートを見た営業所長からは、「最近の若手はホウレンソウ(報告・連絡・相談)のレベルが低いと感じていたが、もう少しこちらから相談に乗った方がいいかもしれません」「飲みに誘わない方がいいと思っていたが、案外行きたいやつもいるんですね」など、部下との認識のギャップを素直に受け止め、早速部下に声をかける人もいました。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です