Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コーチングとは何か

コーチングの定義

コーチングの定義

コーチングをどのように定義するかは、説明の視点をどこに置くのかということに影響されます。

ここでは、「対話を重ねることを通じて、クライアントが目標達成に必要なスキルや知識、考え方を備え、行動することを支援するプロセス」と定義します。

この定義から、コーチの役割、そしてクライアント(コーチを受ける対象者)と何をするのか、その概要が見えてくるのではないでしょうか。 (さらに…)

コーチの役割

コーチの役割

コーチングでは、クライアント自身が達成したい目標を明確にし、解決の主導権を握ります。

そのため、コーチがコンサルタントとして問題を分析し、クライアントに代わって解決することはありません。

また、コーチはクライアントが目標達成のための知識やスキルを備えること、必要な考え方や態度を変えていくことに焦点を当てますが、心理カウンセラーのようにメンタルな問題を深く扱うこともしません。 (さらに…)

コーチングの機能と特徴

コーチングの機能と特徴

(1)コーチングは「知識」と「行動」の間の溝を埋める

「後進が育たない」「ビジョンが浸透しない」「一体感が感じられない」これらは、リーダーマネージャーの悩みとしてよくあるテーマです。

こうしたテーマについて日々考え続け、そして必要な情報を集めている場合が多いのです。

そして、その解決策を頭で理解していることも珍しくありません。 (さらに…)

投資効果の高いコーチング

投資効果の高いコーチング

1回あたりの対話時間が15分と聞くと、やや長く感じるかもしれません。

しかし、「強制的に指示」することで抵抗感や意欲の低下を招くリスクコスト、そして「やるまで待つ」という放置のリスクやコストと比べると、トータルのコストはそう高くありません。 (さらに…)

「傾聴」や「質問」は手段に過ぎない

コーチングする、という言葉を用いる際には、必ず「何のために」という目的が明示される必要があります。

例えば、「セールスの業績を向上させるため」にコーチングを取り入れるなどです。

コーチングという方法が広まるにしたがって、その特徴である「傾聴」や「質問」などの要素技術も知られるようになりました。 (さらに…)

目標が明確ではない時は?

目標が明確ではない時は?

クライアントに目標がない場合、コーチングはできないのでしょうか?

本当に目標がないのであれば、コーチングは困難になるでしょう。

狙いがない以上、何に向けてコーチングをすればよいのか、何に向けて支援ができるのかが曖昧です。 (さらに…)

目標と目的はなぜ必要なのか?

目標と目的はなぜ必要なのか?

目標の後に目的が来る、という時間的順序ではなく、人は常に自分が目標を達成する目的を持っています。

敢えていえば、目標は未来に向かう場所であり、目的は現在その活動を行いことに意味を与えることです。

例えば、「医療を通じて世の中に貢献したい」という目的を持っている高校生がいるとします。 (さらに…)

目標と現状の間に成長課題を発見する

目標と現状の間に成長課題を発見する

目標が定まると、そこに向けてエネルギーを集中させることができますが、同時に目標が明確になることで現状との差異を明確に認識することができます。

人はこの目標と現状の差異を放っておくことが苦手です。

目標に向けて自分の現状を変えていこうとするエネルギーが生まれ、これが成長への原動力となるのです。 (さらに…)

クライアントが成長課題に直面することを支援する

クライアントが成長課題に直面することを支援する

コーチングの対話は、クライアントの内側に眠っている挑戦的な目的意識を顕在化させていくプロセスでもあります。

こうした目的意識が詳細な言語となった時、それがビジョンとなります。

そして、そこに至る具体的なマイルストーンが見えてくると、それが目標となり、エネルギーを集中させる焦点となるのです。 (さらに…)