Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

アンケート

生産効率が上昇した工場のケース

生産効率が上昇した工場のケース

導入の背景

一般に工場では、製品の生産だけではなく、効率やコスト、不良品率の指標改善などが、経営陣のみならず社員にとっての関心事となります。

このケースの機械部品工場も、生産効率の指標が低迷していることから、コーチングで約200名の社員の士気を高め、成果を生み出す組織を作ろうとしました。 (さらに…)

コーチの視点・セッションの合間でもコーチングは続く

コーチの視点・セッションの合間でもコーチングは続く

状況に進展がない時でも、クライアントが諦めないように配慮するのがコーチの仕事です。

Nさんはアンケートで現状認識が深まり、心理的に安定していますが、それでもまだ進展は見られません。

そこで、以下のような質問をセッションの合間に回数を分けてメールしました。 (さらに…)

コーチの視点・進捗がない時は、アンケートで客観的情報を集める

コーチの視点・進捗がない時は、アンケートで客観的情報を集める

セッションで決めた行動をしても、成果を出すまでには長い道のりが必要なこともあります。

自分の行動や選択は間違っているのか、今どれほど変化があるのかと、クライアントは必要以上に不安に感じるものです。

そんな時、コーチは現状を冷静に把握するためのアンケート実施を提案することがあります。

自分の行動の修正ポイントが客観的に分かるからです。 (さらに…)