Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

コミュニケーション

コーチングの成果

コーチングの成果

課題を1つ1つ解決していくことで、プログラム開始から3ヶ月過ぎたことから、生産効率が上昇し始め、工場全体に「望ましい行動」が定着し、生産効率が半年間で10%近く上昇したのです。

コーチが掲げた切り口についての変化は、次の通りでした。

(1)無駄な業務をなくし、部下育成の時間を増やす

管理職社員を中心として書類の共通化や権限の委譲が進み、その結果として部下へ指導する時間が以前より30分~1時間多く取れるようになりました。 (さらに…)

生産効率が上昇した工場のケース

生産効率が上昇した工場のケース

導入の背景

一般に工場では、製品の生産だけではなく、効率やコスト、不良品率の指標改善などが、経営陣のみならず社員にとっての関心事となります。

このケースの機械部品工場も、生産効率の指標が低迷していることから、コーチングで約200名の社員の士気を高め、成果を生み出す組織を作ろうとしました。 (さらに…)

コーチングが組織の課題を解決する

コーチングが組織の課題を解決する

ここではコーチとクライアントという1対1ではなく、組織に対してコーチングがどのように機能するかを、3つのケースを用いて説明します。

現在、コーチングはビジネスパーソン、特に管理職の必須スキルとして多くの企業で導入されています。

また、コミュニケーションスキルとしての活用だけでなく、企業・組織が抱える様々な課題に対する取り組みの中に導入されています。

組織の課題のコーチングが有効なのは、これらの要因が、社員同士の関係やコミュニケーションに起因する場合が多いからです。 (さらに…)

コーチの視点・相手の行動の変化は、自分の行動の変化で誘発する

コーチの視点・相手の行動の変化は、自分の行動の変化で誘発する

自分の意見を押し付けて他人を変化させても、それは一時的なものであって、やがて元の状態に戻ってしまうでしょう。

むしろ自分を変化させる方が簡単かもしれません。

コミュニケーションは相互関係ですので、この自分の変化が相手の変化を誘発することもあるのです。

相手が悪いという他責の発想が強いクライアントに、自分にも責任があるという自責の発想を持たせる狙いの1つは、実は自分が変化することで相手の変化を誘発することなのです。 (さらに…)

コーチの視点・クライアントのPresenceを、ビデオを撮って修正する

コーチの視点・クライアントのPresenceを、ビデオを撮って修正する

社員集会の様子を撮る理由は、Nさんの社員へのコミュニケーションの取り方が分かると考えたからです。

コーチは初対面の時感じた、少し威圧感を与えるNさんの雰囲気や、口下手というNさん自身の認識が気になっていました。

Nさんに限らず社長は、社員から「社長は堂々と、分かりやすい言葉で、時にユーモアを交えて語って欲しい」と期待されています。 (さらに…)

自動車メーカーのマネージャーのケース

自動車メーカーのマネージャーのケース

概要

このケースでは、コーチがクライアントの事前情報を受け取るところから始まり、プロジェクトマネージャーのAさんが管理職としてのキャリアパスを開拓していく奮闘ぶりを描いていきます。

当初、Aさんは上司や部下とのコミュニケーションを変えることを目的にコーチングに臨みましたが、セッションの中で本当のテーマに気付いていきます。

そして、セッションを続ける中で深い自己現状意識に辿り着いていきます。 (さらに…)