Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

スキル

行動の実践フェーズ

行動の実践フェーズ

習得した知識・スキルを定着させるためには、長期的なフォローが必要です。

行動の実践フェーズでは、「長期的であること」「継続的であること」「集中的であること」の3つに気を付けてフォープログラムを実施することが重要です。

その他、サポート期間におけるコーチの関与度の調整にも配慮します。 (さらに…)

知識・スキル習得のフェーズ

知識・スキル習得のフェーズ

知識・スキルの効果的な習得の場合、一方的な情報伝達では、根底にある思想や使用目的が見過ごされてしまうことがあります。

そこで、参加者自身が発言したり、参加者同士で話し合ったりする「双方向でアウトプットする時間」を多く確保しました。 (さらに…)

コーチングが組織の課題を解決する

コーチングが組織の課題を解決する

ここではコーチとクライアントという1対1ではなく、組織に対してコーチングがどのように機能するかを、3つのケースを用いて説明します。

現在、コーチングはビジネスパーソン、特に管理職の必須スキルとして多くの企業で導入されています。

また、コミュニケーションスキルとしての活用だけでなく、企業・組織が抱える様々な課題に対する取り組みの中に導入されています。

組織の課題のコーチングが有効なのは、これらの要因が、社員同士の関係やコミュニケーションに起因する場合が多いからです。 (さらに…)

「要望(リクエスト)」のスキル

「要望(リクエスト)」のスキル

要望は、人を大きく成長させるための効果的な技術です。

人は無意識にも自分の行動や思考に「枠」を作っているため、コーチが要望することで相手の可能性を引き出し、「枠」を超えるきっかけを作ります。

「要望」も、「行動の選択権を受け手にある」という視点に立ったものであるという意識が大切です。 (さらに…)

「フィードバック」のスキル

「フィードバック」のスキル

目指す目標や成長に対して、クライアントがどのような状態にあるかを第三者からの視点で伝えることです。

第三者を通じて自分を知ることは的確に現状把握と、行動変容を起こす上でも大きな原動力となります。 (さらに…)

「承認(アクノレッジメント)」のスキル

「承認(アクノレッジメント)」のスキル

「相手のことを認める」という「承認」は、クライアントの自己成長に対する認知を促進する技術として、コーチングの中で重要な柱となります。

人は、自分の行動から自分の成長や変化を実感していきます。

そのため、クライアントに現れる日々の違いや変化、成長、成果をいち早く気付き、伝えることで、達成感とともに次に起こす行動を促進するエネルギーが備わります。 (さらに…)

「質問」のスキル

「質問」のスキル

コーチングの「質問」に求められるのは、「相手の視点を広げ、オートクラインを起こさせること」です。

したがって「相手に何をさせたいのか」「そこでどんな展開をさせたいのか」「どんな情報を手に入れたいのか」といった。

質問の意図や目的を明確にすることが重要です。 (さらに…)

「ペーシング」のスキル

「ペーシング」のスキル

何の制約もなく、自分の思いや考えを自然に話せる人はどれだけいるでしょうか?

しかし、対話を通してクライアントの成長をサポートするコーチングでは、クライアントに「どれだけ話をしてもらえるか」が成果を大きく左右します。

クライアントが緊張感を持たず、「この人には何でも話すことができる」と思ってもらえるような信頼構築に欠かせない要素が「ペーシング」です。 (さらに…)

「聞く(傾聴)」スキル

「聞く(傾聴)」スキル

「コーチの持つべき視点」でも紹介しましたが、コーチに求められる「聞く能力」とは、単に鼓膜を振動させているだけではなく、クライアントが何を言おうとしているのか、あるいはその発する言葉の言外にある本質は何かを聞き分け、正しく理解することが求められます。 (さらに…)