Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

フィードバック

コーチの視点・Presenceの変化をフィードバックで気付かせる

コーチの視点・相手の行動の変化は、自分の行動の変化で誘発する

同じく人を動かすにしても、ビジョンとノルマのどちらで動くかの違いにNさんは気付きました。

言い換えれば、共感と強制の違いといえるかもしれません。

「社員目線での発言が多い」とフィードバックしたのは、NさんのPresenceの変化をコーチが感じたからです。 (さらに…)

コーチの視点・クライアント自らフィードバックを取りにいく

コーチの視点・クライアント自らフィードバックを取りにいく

周囲の人たちにクライアント自らフィードバックをもらいに行くことは、自分が取り組んでいることを相手に伝え、その目標に向かっているかどうかを客観的に見てもらえる点でとても有益です。

フィードバックをもらう行為そのものが周囲への信頼関係の表現になり、また同僚が取り組む姿を周囲が知ることで、組織全体にインパクトを与えるというメリットもあります。

さらに、ちょっとした変化にも気付いてもらいやすくなるのです。 (さらに…)

コーチの視点・第三者からのフィードバックで立体的に自己認識をさせる

コーチの視点・第三者からのフィードバックで立体的に自己認識をさせる

同僚など、クライアントのことを日々よく見ている第三者からのフィードバックは、クライアント自身が気付いていない指摘を得られることが多くあります。

また、毎日接することのないコーチでは気付かない指摘を拾うこともできます。

これにより、特定の指標を平面的に捉えるのではなく、できるだけ豊かな自己認識、立体的な自己認識をしてもらうきっかけとなります。 (さらに…)

「フィードバック」のスキル

「フィードバック」のスキル

目指す目標や成長に対して、クライアントがどのような状態にあるかを第三者からの視点で伝えることです。

第三者を通じて自分を知ることは的確に現状把握と、行動変容を起こす上でも大きな原動力となります。 (さらに…)

コーチのフィードバックで自己を客観視させる

コーチのフィードバックで自己を客観視させる

3つ目は、コーチからクライアントについてフィードバックすることです。

録音や撮影、ステークホルダーからの情報によるフィードバックと決定的に違うのは、コーチセッションが始まれば、コーチはいつでもフィードバックができるという点です。

撮影やステークホルダーからの譲歩収集はいつでもできるとは限りませんから、コーチは必要な時に自己を客観視できるように、フィードバックを戦略的に使える必要があります。 (さらに…)

クライアントを現実の自分と直面させる

クライアントを現実の自分と直面させる

ステークホルダーからのフィードバックをクライアントに伝えた後も、注意することがあります。

それは、他者からのフィードバックを受けたクライアントがリアルセルフ(現実の自分)とコンフロントすることから逃げないようサポートすることです。

そのためには、クライアントの内側に生じた感情を吐き出させることを優先します。 (さらに…)