Theコーチング

普段何気なく使っている手法や考え方を改めて言葉に落とす、暗黙の了解を形式知化するという作業に取り組んでいます

承認

コーチングの成果

コーチングの成果

課題を1つ1つ解決していくことで、プログラム開始から3ヶ月過ぎたことから、生産効率が上昇し始め、工場全体に「望ましい行動」が定着し、生産効率が半年間で10%近く上昇したのです。

コーチが掲げた切り口についての変化は、次の通りでした。

(1)無駄な業務をなくし、部下育成の時間を増やす

管理職社員を中心として書類の共通化や権限の委譲が進み、その結果として部下へ指導する時間が以前より30分~1時間多く取れるようになりました。 (さらに…)

効果的な3つの試み

効果的な3つの試み

その他にも様々な取り組みが行われました。

ここでは特に効果の高かった試みを紹介します。

(1)職場に「承認」を響かせる

努力している若手社員の情報を管理職で共有して、彼らと出会った時、管理職全員が「承認」することにしました。

例えば、若手社員が朝一番で他の職場の課長と会った時、普段は軽く会釈を交わすだけの間柄ですが、「効率を上げる提案をしたそうだね」と、課長から話しかられます。 (さらに…)

コーチングの実践

コーチングの実践

最終的なゴールは、工場の生産効率を上げることなので、技術部と製造部の課題でも、特に生産効率に影響する課題の解決を最優先としました。

(1)管理職の業務の無駄を可視化し、業務の合理化を図る

まず、技術部と製造部の管理職全員に、1週間の業務内容を全て書き出してもらいました。 (さらに…)

コーチの視点・商品化しないアイデアでも、情報の共有で提案者を承認する

コーチの視点・商品化しないアイデアでも、情報の共有で提案者を承認する

ヒットしたり商品化したりなど、成果が出た時だけでなく、挑戦した時や努力した時にも承認することは、その社員をやる気にさせるだけでなく、会社が社員に求めている行動が明確になるので、他の社員のやる気にも影響を与えます。

承認が頻繁に起こる職場は、望ましい行動に拍車がかかるものです。 (さらに…)

コーチの視点・ハードルを越えた時は承認のチャンスである

コーチの視点・ハードルを越えた時は承認のチャンスである

難しいハードルを乗り越えた時が、成長を実感するタイミングです。

ここで承認して、やる気を引き出せば、今後も難しいハードルに挑戦する意欲を持ち続けることでしょう。

そこでコーチは、自分の見せ方が上手くなったこと、自己修正能力が高いことをすぐに承認しています。 (さらに…)

コーチの視点・成功の秘訣を言語化させる

コーチの視点・成功の秘訣を言語化させる

行動の第1歩を成し遂げた瞬間のクライアントに立ち会う。

クライアントに行動を続けさせ、目標達成してもらうために、コーチにとっても大事な瞬間です。

この時、クライアントの行動を承認するだけでなく、成功の秘訣を言語化してもらうことが大切です。

実際に行動して上手くいった時の意識や思考、行動の一連の流れを、今後いつでも再現できるようにするためには、つぶさに言語化しておくことが必要になります。

ここでは「言い残しをしない」という意識の持ち方と、携帯電話の待ち受け画面を見る行動習慣の今後の継続的な実践と定着を促しています。 (さらに…)

コーチの視点・目標達成に向けた望ましい行動への、惜しみない承認

コーチの視点・目標達成に向けた望ましい行動への、惜しみない承認

ここでは、Aさんが会議ではっきりと自己主張するということに成功しました。

コーチはクライアントが目標達成に向けて取った行動については、どのような小さなものであっても惜しみなく承認をします。

承認されることで、次もまた挑戦してみようという動機付けになるからです。 (さらに…)

「承認(アクノレッジメント)」のスキル

「承認(アクノレッジメント)」のスキル

「相手のことを認める」という「承認」は、クライアントの自己成長に対する認知を促進する技術として、コーチングの中で重要な柱となります。

人は、自分の行動から自分の成長や変化を実感していきます。

そのため、クライアントに現れる日々の違いや変化、成長、成果をいち早く気付き、伝えることで、達成感とともに次に起こす行動を促進するエネルギーが備わります。 (さらに…)